毛髪をいかにして長い間健康で美しく保つか、ということがヘアケアの目的でしょう。

髪は、表面に出ている部分の毛髪(毛幹)は、組織としては死んでいるといえます。

同じ表面の組織でも、スキンケアの対象となる皮膚は、生きている組織なので、たとえ傷ついても、自分でそれをもとに戻すことができます。

髪の表皮の構造その皮膚は、絶えず新陳代謝をくり返していて、自分を新しくしています。

ところが毛幹は生きていないので、一度傷つくと、自分の力でもとに修復することはできなく、いつまでも傷ついたままです。

その上に、いろいろな環境刺激によって、損傷が大きくなり損なってくることも多く、その結果「切れ毛」「枝毛」が出来ます。

育毛ミスト
女性の育毛剤


最近は、枝毛を治すという化粧品が販売されていますが、これは人工的に切れ毛の外側をくっつけるだけであって、根本的に切れ毛を冶す訳ではありませんので、化粧品を洗い流すと、毛髪は元の切れ毛に戻ってしまいます。

そこで髪を美しく保つためにのヘアケアのためにする事は次の2点でしょう。

一つ目は、いかに丈夫で健康な毛髪を作るかということで、二つ目は、すでに生えている毛髪をどのように保つのかよいかということです。

丈夫で健康な毛髪を作るためには、洗髪を規則正しく行って、同時に頭皮をよくマッサージする事、簡単な事です、これをきちんと継続するには、毎日の意識と生活習慣がものをいうでしょう。

そして既に生えている毛髪のためには、ブラッシングと脂分の補給が大切でしょう。

頭髪も脂分をつけると良く、スキンケアでは皮膚にクリームを塗ると角質層をなめらかに保ちます。

洗髪すると、毛髪の周囲の脂肪分も洗い落とされるので、ヘアクリームらリンス等で栄養を補います。

大事なのはその際に、毛髪が絡まずに平行に揃っていて、油脂分が均等に行き渡ることで、そのためにはよくブラッシングするのかよいでしょう。

洗髪後でなければ、リンスの代わりに乳化したヘアオイルをつけてからブラッシングするとよいでしょう。

毛髪は外界にむきだしになっている部分で、直接日光にも当たります。

また美容の上でブローをはじめ毎日さまざまなことを施され、普段気にしている以上にダメージを受けています。

ですから、つねに毛髪に対する注意を忘れないことが、髪を美しく保つヘアケアの基本です。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://ww1.spzgh.org/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー